2016年総評が完成しました。(2017/10/10)

ノミネート作品    

★マーク付きが大賞、残りが次点

2/1【DSi/3DS】パシャットバシット~Whack A Friend~(アイシーエムジャパン)    

DSiウェア200ポイント。DSiウェアで配信される低価格ゲームで、本体のカメラ機能とタッチスクリーンを使ったシンプルな内容の「もぐらたたき」ゲーム。
配信開始直後に一度話題になるも、あの『対戦チンチロリン』に匹敵する誰得っぷりから長らく様子見されていたが、年末になってようやく選評が届いた伏兵。

  • 実質200円と安価ながらぼったくりと言わしめる驚きの「ゲー無」で、しかも機能が上位のiPhone版は無料でプレイ可能と、まさしく金をドブに捨てる行為
  • ターゲットは1体ずつしか現れず、最大でも2体までしか表示されない。偽物やフェイントなどの駆け引き要素は無く、選評者曰く「ゴールの見えないマラソン」。
  • 標準の画像は全1枚(非常に不快)、撮影した写真と変更出来るが保存枠は全1枚、演出はイボや青アザなどがランダムで配置されるだけ(非常に不快)。
  • 極薄の説明書で誤記、BGMは超短い全1曲のループ、写真変更する度にスコアがリセットという大問題な仕様があり、しかも説明書に未記載と商品失格。

5/24【3DS】みんなの縁日(バンダイナムコゲームス)    

3990円。「縁日」の屋台遊びを再現したものを、本体の機能を利用して操作するミニゲーム集で、2006年据え置き次点作『縁日の達人』の一応続編。
前作から6年を経て尚「こんなのを買うなら本当の縁日に使うべき」と評される。3DSの新要素を無理矢理詰め込んだだけのスコア機能すらない「ゲー無」集。

  • ゲーム7つ中5つは、背景が3DSのカメラ画像にエフェクトを掛けただけで、ゲームオーバーやクリアの概念が一切ない。残り2つも遊べはするが飽きが早い。
  • 「金魚すくい」はポイが絶対に破れず、「ヨーヨー釣り」も糸が絶対に切れず、両者とも操作は本体を少し持ち上げるだけの上、いとも簡単に取れる。
  • 「射的」の操作はマイクに息を吹きかけるだけと事実上吹き矢で、「輪投げ」は前者を本体を前に押し出すだけの操作に変えた単なる使い回し。
  • 「かき氷」は本体を回して作り最後にシロップをかけるだけで、もはやゲームとも呼べない。ただの前世占いの「おみくじ」等、おまけ要素も中身が無い。

★6/14【3DS】ヘビーファイア・ザ・チョーズン・フュー(ハムスター)    

4980円。北米WiiwareのDLソフトのローカライズ版で、DL数1位の実績を持つレールシューティング「ヘビーファイア」シリーズ内の2作品を一つに纏めた物。
一部武器や2人プレイを削り、不要なメニューを付け、全5Pの説明書や全1PのHPと手抜き全開ながら、元々5ドルの作品をフルプライスに値上げした意欲作。

  • ストーリーは中学生の落書きレベルのイラストで展開する紙芝居で、スキップは不可。グラフィックも低レベルで、欽ちゃん走りするなど動きも不自然。
  • 回復アイテム&チェックポイント一切無しという前代未聞の鬼畜仕様で、照準をスライドで動かすなど操作性も難ありだが、オプションがないので変更不可。
  • 撃たずに画面外へ消える敵、出現した瞬間ダメージを与えてくる敵、エフェクトに隠れて見えない敵、10人近く同時に現れる敵等、完全な調整放棄。
  • ほぼ全ての場面でBGM無し、SEが使い回し、持てる武器は全1種、ステージの長さがチグハグ、明らかに本編を早回しにした詐欺PVと、糞の全方位乱射状態。

10/25【PSP】Piaキャロットへようこそ!!4 ~夏の記憶~(PIACCI)    

通常版:5980円、限定版:7980円。2011年据え置き次点作の移植で、ファミレスを舞台にした恋愛ADV+SLG「Piaキャロット」シリーズのナンバリング4作目。
四八より苦痛と評された360版と比べ、バグが修正されシステム周りも改善されたが、修正不可能のゴミシナリオのせいで結局クソゲーのままな誰得商品の鑑

  • シナリオが陳腐極まりなく、設定が場面毎に毎回変わる上、先で起こった出来事が直後には無かった事になる。主人公も物凄く(主に口調が)うざい。
  • Hシーンを適当にぶっこ抜いた弊害で、格ゲーしてただけで唐突に付き合いだしたり、唐突に妊娠していたり、唐突に実の妹と一線を越えていたりする。
  • SLG部分はEND分岐にしか関係がなく、経験値が僅かでも足りないと「働いてた事しか記憶にないわ」とほざくBADENDに直行する為、存在自体が邪魔
  • ロード・オートプレイ・スキップ等システム関係の不備は殆ど修正され、UIも快適と非常に良移植だが、そもそも本作の移植など誰一人として求めていない

選外一覧    

1/12【3DS】タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密(UBISOFT)    

5040円。エルジェ作の漫画『タンタンの冒険旅行』シリーズを元に、前年12月に公開された同タイトルの映画を題材にした所謂キャラゲー。
低年齢向けに難易度を落とした『プリンス・オブ・ペルシャ』系統のアクションゲームであるが、キャッチコピーとは裏腹に映画のストーリー再現ではない。

  • たまに挟まれるミニゲーム部分の操作に癖があるのは確かだが、メインの2Dアクションは操作性良好でよく動く。
  • ゴリ押しが利くように甘く造られているが、ステージ構成はパズル要素を散りばめて丁寧に仕上がっている。
  • 結局粗は多いが遊べる出来との意見が多く、特に盛り上がらないまま議論も収束し選外に。

2/14【3DS】NEWラブプラス(コナミデジタルエンタテインメント)    

通常版:6980円、画集セット:9980円、他。ゲーム内の『カノジョ』とリアルな恋愛が出来ると一大ブームを巻き起こした恋愛SLG「ラブプラス」シリーズの3作目。
発売半月で攻略wikiの情報ページが容量限界を超えるほど膨大な数のバグが存在し、特に引継ぎツール絡みで多く、長年のファンでも脱落者が続出した。

  • レスポンスが悪く多くの操作で入力から反映までにラグがあり、スキンシップで喜んで下がるゲージ、前後の会話で矛盾するスクリプト等造りが雑。
  • コナミは3月13日遂に不具合を認め、4月21日の本体更新によってパッチへの対応機能が追加される事を発表し、同時にパッチ配信も決定した。
  • 2度大規模なパッチが配信され、完全ではないが致命的なバグはある程度改善し、不満は多いが遊べる出来にはなったため選外に。

3/15【PSP】シャイニング・ブレイド (セガ)    

UMD版:6279円、ダウンロード版:5600円。TONY氏などの豪華製作陣の起用で注目されたファンタジー系RPG「シャイニング」シリーズの4作目。
ストーリーは過去作をプレイしている事が前提の内容な反面、ファンにとっては物語の稚拙さに加え、キャラの改悪が随所で目立つ為に不満が続出した。

  • 戦闘が非常にヌルく、キャラの性能差が酷い割に誰を使ってもライトユーザーがクリア出来るバランスで、種類豊富なシステムが事実上死に体。
  • 元々キャラデザのtonyの絵や声優を楽しむシリーズとしての面が非常に強い上、物語も出来こそ悪いが破綻はしていない。歌もそれ自体は好評。
  • どのように扱うか紛糾するも、最終的に選評に対する纏まった反論がなされ、それが概ね異論なく受け入れられたことにより選外に。

3/22【PSP】DJMAX Portable BLACK SQUARE(サイバーフロント)    

4410円。2008年に韓国で発売された作品の日本語ローカライズ版で、DJシミュレーションゲーム「DJMAX」シリーズの一作。
特定のモードにおいて、韓国版より厳しいスコア計算によりクリアが非常に困難となるミッションがある。

  • 「音ゲーはこんなもの」と言われクソゲーとする論は殆ど無い上に選評も問題が多く、特にその後話題に上ることも無いまま放置。
  • 年明けにも選評がきたが、ローカライズによる更なる難易度の上昇と救済要素の削除が問題点とされるも、システム等ゲームとしては破綻していない。
  • 出た当初は対抗馬が無かったものの、年明けにはすでに他の有力候補作が出揃っていたためパンチ力不足で選外に。

4/26【PSVITA】シェルノサージュ 失われた星へ捧ぐ詩(ガスト)    

通常版:5040円、限定版:7140円。「遙か七つの次元を超えた先に本当に存在する世界」をコンセプトにした「サージュ・コンチェルト」シリーズ第1弾。
発売直後からフリーズ多発と怒涛のバグ報告で話題となるも、頻繁なパッチ更新に独特の仕様も重なり激しく賛否が分かれ、年末まで議論が保留された問題作。

  • 12回にも及ぶ修正パッチで初期の問題点は重度なものは大体修正されたが、その都度新しい不具合が見つかる上、元々発生率も個人差がある為に対処が難しい。
  • バグを差し引いても出来る事が少なく、コミュニケーションで仲良くなる要素も無ければ、デートイベントでは会話と申し訳程度のタッチ要素しかない。
  • パッチ配布によって重大なバグは落ち着き、他の候補と比較するとさほどでもないと判断され選外に。

7/19【PSP】キミカレ~新学期~(アイディアファクトリー(オトメイト))    

通常版:6090円、限定版:8190円。2010年に携帯電話で配信された乙女向けソーシャルゲーム『君とナイショの・・・・・・今日から彼氏』の移植作。
グラフィックのミスやバグ、手抜きシナリオなど多くの問題点で乙女版KOTYに選評が上がり話題となったことから有志が突撃し、当スレでも注目を集めた。

  • シナリオがぶつ切りで理由が語られないままの唐突な告白理由、試験終了直後に攻略キャラとのテスト勉強イベントが発生など、非常にお粗末。
  • 場面が室内に変わっても振り続ける雨、学校内で私服、立絵が消えない等、立絵や背景関連で設定ミスやバグによる明らかにおかしな部分が複数。
  • 検証によりバグの発生は非常に限定的と判明し、シナリオも凡作の域を逸脱しておらず、外部含め不満を漏らす購入者も大して見られないため選外に。

その他    

  • 2010年大賞『鬼帝』の続編「ハローキティといっしょ! ブロッククラッシュV」が6月7日発売。予想に反してそれなりに面白い作品に仕上がった。
    • さらには「ハローキティといっしょ! ブロッククラッシュZ」として3DSでも10月11日に発売された。こちらも「V」を踏襲しておりそれなりに面白い。

※結論のみの引用や、改変抜粋を伴う転載はご遠慮ください。