2017年総評が完成しました。(2018/04/01)

#contents

*ノミネート作品 [#zb3c29d2]
★マーク付きが大賞、残りが次点
***3/13【3DS】[[超人ウルトラベースボール アクションカードバトル]](カルチャーブレーン) [#ia129578]
4980円(税込)。リアルとはかけ離れた「超人野球」ができる(一部に)人気野球ゲー『超人ウルトラベースボール』シリーズの系列作で、発売はSFC以来およそ20年ぶり。
グラフィックの悪さ、基本システムの意図不明なカードゲーム化と、クオリティへの不安を情報初出時から指摘され、発売されてみればその通りの内容であった。
-試合は攻守ともに、&color(red){5枚のカードから1枚、5ヶ所の狙う場所から1ヶ所を選ぶだけの完全カード制。};盗塁を除き守備は完全オートで、アクション要素は皆無。
-配られるカードは完全にランダムなので、僅かに戦略はあるが''基本的には運ゲー。''1球1球にカード選択や演出が入るため、スキップを駆使してもテンポは劣悪。
-''PSかDSの初期レベル''の粗いグラフィック。''選手が全員同じ顔''、売りの魔球や秘打もチープで、秘打を喰らった選手が平行移動で吹っ飛んでいく姿には苦笑必至。
-メタ会話だらけの雑なストーリー、投げやりなエディットモードなど、総合的に''どこを切っても作り込みが足りない''全方位低品質ゲーである。

***3/20【3DS】[[ゲームセンターCX 3丁目の有野]](バンダイナムコゲームス) [#ydc49857]
通常版:5480円(税込)、限定版:7480円(税込)。芸人の有野晋哉がレトロゲーで遊ぶ人気番組『ゲームセンターCX』を題材にしたミニゲーム集の3作目。
開発元の変更で漂っていた不安は的中し、レトロ要素は「わかっていない」感が強くゲームとしての出来も悪い、『CX』の看板に泥を塗る内容となった。
-8つある主なミニゲームの大半は、「''元ネタの尖った部分を削った超微妙ゲー''」か「''バランスの悪い理不尽ゲー''」のどちらか。及第点レベルのものは1つか2つ。
-電子液晶ゲームなのに''キャラがその場で倒れこむ''というあるまじき画像表示を筆頭に、シリーズ恒例のレトロゲー演出も強い違和感や劣化が多数。
-ボタン操作オンリーとタッチ操作オンリーが混在する操作、商品の内容が確認できない買い物画面など、インターフェースからして駄目な点も多い。
-番組ネタは流れを無視した雑な継ぎ接ぎばかり、番組の「名言」収集も''完全ノーヒントの無理ゲー''と、番組ファンも到底喜べない内容。

***★4/22【PSVITA】[[インフィニタ・ストラーダ>2014年 大賞]](おふぃす5656)[#f432fe51]
フリーミアム(基本無料プレイ・カードパック課金制)。KOTY初の「基本無料」ソフト。
数字の大小のみで勝負が決まる典型的なカードバトル系ソーシャルゲーム「無限のストラーダ」のコンシューマ版。
原作と違い戦略性のある「デッキ構築型カードゲーム」を謳っていたが、イラストの魅力の低さだけでなく、異常なルールとカードパワーの高さでバランスを取る気がないカードゲームとなっている。
-デッキ上限20枚・初期手札6枚に対して''デッキ下限なし''。カードを確実に引けるので以下に2つ挙げる戦法が成立し、先攻を取り合う運ゲーでしかない。
-「相手の場を墓地に送るカード」「自分の墓地から手札に戻すカード」の''2枚のみの『除去デッキ』''が、CPU戦では先攻さえ取れば完封でき、無課金でも実現可能として早期に見つかる。
-対人戦はスキルを手札から発動できる特別ルールで状況が悪化。「召喚酔いしない速攻カード」を初期手札6枚で1ターンキル可能な攻撃力まで引き上げる''『速攻デッキ』''が課金と検証の末開発される。
-「火と炎」「電気と電撃」のように難解で無駄な属性、''低レアリティカードの攻撃を無効化する高レアリティカード''のような除去・速攻抜きでも劣悪なバランス、通信対戦・パック購入のUIなどにも不便な点しかない。

***7/31【3DS】[[Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ]](角川ゲームス) [#b7ab20e2]
限定版 8800円、通常版 6000円(税別)。同名漫画のアニメ準拠でのアクションゲーム化。
アニメ放送開始前に発表されたが、延期を繰り返して''予定から10ヶ月遅れ''のアニメ2期放送中にようやく発売。さらにファミ通レビューで''4/6/4/4の合計18点''を記録。
-ストーリーモードのバトルは開始の合図無しの一律60秒と短い上にマップがやたら広く、''強制的な高速・高火力バトル''に終始している。
-''味方が敵にトドメを刺すと敗北扱いにされる''理不尽な仕様、不便なカメラとロックオン周りの仕様、できそうな見た目でタッチ非対応など、バランス・システムが全体的に劣悪。
-フルボイス・描き下ろしイラストに魅力が無いではないが、''1周目1時間・2周目以降30分''といわれるボリュームの薄さ。
-極めつけに、倒した敵の能力を使って変身する「夢幻召喚」が、ムキムキマッチョの"バーサーカー"でさえ[[''敵ポリゴンの頭を自キャラにすげ替えるだけ''>Koty:Dic_AA_Illya]]の手抜き仕様で笑いを誘う。
-極めつけに、倒した敵の能力を使って変身する「夢幻召喚」が、ムキムキマッチョの"バーサーカー"でさえ[[''敵ポリゴンの頭を自キャラにすげ替えるだけ''>http://koty.wiki/Dic_AA_Illya]]の手抜き仕様で笑いを誘う。

*選外一覧 [#qc7a2bed]
***3/19【3DS】[[クレイジーチキン ディレクターズカット3D]](テヨンジャパン) [#va1d4f87]
200円(DL配信)。ニワトリのキャラを撃つガンシューティングゲームで、同社が出している『クレイジーチキン』シリーズの2作目。
謎解きによる隠しボーナスがシューティングのゲーム性と噛み合わない不満こそあるものの、
謎解きそのものや有名映画のパロディなどを多少なりと評価する声もあり、安価に対して妥当な出来とされ、選外に。

***4/10【3DS】[[ペンギンの問題+ 爆勝!ルーレットバトル!!]](アルケミスト) [#yb0166e1]
4800円(税別)。コロコロコミックで長期連載されていた人気ギャグ漫画のゲーム化。
1人すごろくという作業的なゲーム内容、ボタン非対応な上にダブルタップ多用という操作性の悪さなどがクソ要素に挙がっていたが、
原作が子供向けのギャグ漫画であり、ファンアイテムとして成立するか検証困難で選外に。
//過去にコナミが発売したゲームでは5作のシリーズ化がされるほどの好評を得ていたが、2年ぶりに発売された本作は発売元が変更され、完成度も微妙。
//-1人用モードが「ボスとバトルするために''1人でゴールまでルーレットを回すボードゲーム''」という、そもそものゲーム性が疑われる仕様。
//-その過程では中ボスマス、ワープマスにピタリ止まる作業を3〜4回繰り返す必要がある上、''進行不能バグ''も簡単に発生する。
//-ほぼ全ての操作がボタン非対応でタッチペンオンリー、''しかもダブルタップ''というDS初期でも類を見ない悪辣な操作性でストレスが溜まる。
//-CPUおよびプレイヤー数人で対戦するモードがあるが、CPUが強力すぎて、対抗するには1人用モードでカードやアイテムを集めるしかない。

***9/24【3DS】[[コンビニドリーム]](アークシステムワークス) [#u047399a]
800円(税込)。オリジナルのコンビニ1店舗を、品揃えやメンテナンスを工夫しながら大きくしていく経営シミュレーション。
ライバル店の存在や立地の良し悪しの要素が無く、大半の作業を全自動で進めさせてもゲームオーバーにもならないなど、
経営シミュとしては破綻しているが、パズル的な作業ゲーとしては楽しめるとされる検証結果が出され、選外に。
//名作『ザ・コンビニ』シリーズのミニチュア版を期待した購入者も多いだろうが、実際は経営要素をどこかに投げ捨ててきた作業的な駄目ゲーであった。
//-シミュレーションとしての創意工夫の余地が無い。ライバル店や立地などの要素はなく、売り上げ増以外にイベントもないため極めて作業的。
//-難易度は激ヌル。ゲームオーバーになる方がよほど難しい。大半の作業を店員にやらせることが出来るため、配置換え以外は何もしなくていい(ゲーム内時間当たりの効率は手動作業のほうがいい)。
//-期間ごとの限定商品は''在庫が全て母の日のカーネーション''でも売れる。商品棚は完全な上位互換が次々登場する。床や壁など内装に至っては、時期ごとに''勝手にマネージャーに決められてしまう。''
//-店には''アイスや弁当や傘を50個も100個も盗んでいく万引き犯''が現れ、捕えると商品を全部買い取ってくれる%%完全なボーナス扱い%%。''買い物客も50個100個と買っていく''。

***10/9【3DS】[[マジンボーン 時間と空間の魔神]](バンダイナムコゲームス) [#f7ccd924]
5690円(税別)。データカードダスを中心にしたヒーロー物のメディアミックス作品、アクションゲーム。
恐ろしく優秀でやりたい放題な敵CPUや劣悪なシステム、説明不足で魅力も無い子供だましのストーリーなど、
クソ要素がレビューとして指摘されたものの、それ以上の選評・検証へ至らず選外に。
//-最大3vs3のバトルで、敵CPUが恐ろしく優秀でやりたい放題。倒された味方の復活の優先度が高い、2vs1でハメてくる、''必殺技やコンボ攻撃の多段ヒットをジャストガードで無効化することもザラ。''
//-ステージ中のコンテナを拾うと、アナウンスと共にアイテムがランダムに配置され、再度拾うと使用可能。アイテムは敵でも拾うことができる上、コンテナを敵が拾っていた場合''無言でアイテムが配置されて知らぬ間に使われる。''
//-十字キーで向きは変わるがロックオンができない、カメラアングルやエフェクトのせいで超必殺技(魔神降臨)が使いづらい、時間内に全員を倒さなければ''引き分けでリトライ''、自キャラカスタム用のゲーム内ガチャの時間がかかりすぎるなど、ゲーム全体のシステム・バランスがとにかく悪い。
//-キャラクターや世界観についての説明が何も無く、ストーリー自体も単調。お菓子を買いに行く最中に敵と遭遇するしょうもないサブストーリーが''2連続で''用意されているなど、キャラゲーとしての魅力も薄い。

*その他 [#ad59fb8a]
-[[2014年 総評案]]
-2011年秋頃に発売予定だった携帯版KOTY2010の次点作『[[大戦略PERFECT ~戦場の覇者~]]』のPS3版が、''10度の延期''の末、遂に2014年2月6日、発売された。[[2013年 次点]]の記述も参照。
--2011年秋、2012年2月、2012年3月29日、2012年4月、2012年夏、2012年秋、2013年春、2013年夏、2013年冬、2014年2月6日。
---最終的に、当初の予定から&color(red){2年3ヶ月以上の延期};となった。
--なお、9度目の時点では載っていたXbox360版は公式サイトの文面から削除されており、ここまで引っ張った挙句''発売中止''となった。
---これに関してのアナウンスは全くない。
--その経緯から据置版KOTYの注目を発売前より受けていた本作だが、いざ発売されてみるとやはりクソゲーであり、KOTY据置2014において次点となった。詳細は[[こちら>Koty:DaisenryakuPerfect]]を参照。
-2014年9月、「インフィニタ・ストラーダ」の審議中(1ターンキル完成後)にリノベーション(バージョンアップ)版「インフィニタ・ストラーダ華」が発表された。
--当初は同年冬リリース予定だったが、2015年2月に同年夏リリース予定へ延期。本年度は現行での評価・審議となる。