2016年総評が完成しました。(2017/10/10)

2015年 次点

概要    

名称アトリエ デコ ラ ドール コレクションhttp://www.amazon.co.jp/dp/B00PQAH1XS/[外部リンク]
ジャンルドレスアップ&デコレーション
対応機種ニンテンドー3DS
発売元スターフィッシュ・エスディ
開発元メビウス
発売日2015年8月13日
価格3500円(税別)
対象年齢CERO:A(全年齢対象)

人形に自由に服を着せたり、帽子を被せたりして自分だけのオリジナルドールを作り、背景を替えたり、シールやフレームなどをつけたりして写真を撮ることを楽しむ女児向け着せ替えゲームである。
元々は2012年に発売された、DSi用のダウンロード専用ゲームであり、本作におけるプリティのジャンルにあたる「アトリエ デコ ラ ドール」をはじめ、ゴシック、ロリータ、アンティーク、プリンセスといったようにそれぞれのジャンルごとに別のソフトとして発売されたもの。DSiウェア1つ1つの出来に関しては、中身は薄く着せ替えゲームとしては自由度が低いものの、500DSiポイントと安く、値段に相応であり、また1世代前のゲーム機で発売されたソフトなので「まぁ、こんなものだろう」と購入者も納得する出来であった。
しかし、このゲームの発売元であるスターフィッシュ・エスディは何を思ったのか、今になって、その1世代前のゲームを1つにまとめただけで1000円以上の値上げをし、その結果、「明らかに値段不相応な驚異のボッタクリゲー無」が完成したのであった。

関連動画    

PV

要点    

驚異的なボリュームの薄さ    

  • まず、この手の着せ替えゲームにおいては、アイテムの数が5000~10000種類ほどあるのが、基本であるのにこのゲームではなんと600種類程度しかない
  • さらに、アイテムの数が少ないだけならまだしも、このゲームにおいては、ドールがジャンルごと(元のソフトごと)に別れており、「アンティークのドールを選ぶと、プリンセス系のアイテムを選ぶことが出来ない」などといったように、異なったジャンルのアイテムを同時に着せることが出来ず、着せ替えの自由度がかなり低くなる
  • 公式曰く「一部組み合わせることの出来ないアイテムがあります」とのことだが、上記のような仕様なので、一部どころかほとんど自由にアイテムを組み合わせることが出来ない。これではDSiウェアを個別にダウンロードするのと変わらず、まとめた意味がよく分からない。
  • さらに、服ごとにポーズが固定され、自由なポーズをとることが出来ない、髪型ごとに髪の色が決められており、自由に髪の色を変えることが出来ない、アイテムの大きさが大・中・小の3つからしか選べず、自由に大きさを調節することが出来ない、回転は45度ずつしか出来ない、といったような手抜き仕様によって、さらに自由度が制限される
  • 上記の通り、ただでさえ、着せ替えが極薄のボリュームなのに、本作には、「店を経営して手に入れたお金を使ってアイテムを買う」などといったような他の遊び要素がなく、また、アイテムは初めからすべて使える仕様であり、隠し要素は一切存在しない
    • 一応、デコレーション要素だけは100種類程度しかないものの他の着せ替えソフトにあまりない要素である。

本作における追加要素    

  • 公式曰く「3DS版の追加要素」があるらしいのだが、その内容は「メニューが新しく分かりやすくなった」や「セーブ出来るデータが10体まで増えた」「作ったドールはいくつも並べたり拡大、縮小や回転、さらに移動することも出来るようになった」などといったような、普通の着せ替えゲームなら出来ていて当然であるような内容であるので、どう好意的にこれをみても評価点であるとは言いがたく、当然、これでDSiウェア5本との差額1280円が埋まるとは言えない。
  • また、3DSでもDSiウェアをダウンロードし遊ぶことが出来るので、そもそも本作を買う必要性は一切感じられない。つまり「誰得ゲー」であるということである。

その他    

  • 以上のような手抜き移植であるのに、本作は2014年12月→2015年4月下旬→2015年8月13日といったように2回もの、発売延期が行われている。一体どこに延期せざるを得なくなるような要素が含まれていたのか・・・
  • 2016年2月10日にはこれと同じ内容のダウンロード専用ソフト「きせかえ人形 アトリエ デコ ラ ドール コレクション」が発売されており、こちらは税込価格864円と、同じ内容の本作よりも2916円も安くなっており、本作を買う必要性は一切無くなってしまった。

選評    

選評案その1    

アトリエ デコ ラ ドール コレクション(スターフィッシュ、3780円)

【内容】
女の子のための着せ替えデコレーションゲーム。元々はDSiウェアで500円で販売されてた5つの作品の詰め合わせ。
人形のジャンルの種類はプリティ、ゴシック、ロリータ、プリンセス、アンティークの5つ。
人形の髪や顔や服を選び、プリクラのように背景やフレームを付け、ペンやシールで落書きをし自分のお気に入りの人形を作るゲーム。

【良い所】
操作性が中々良く子供向けなのでメニューが分かりやすい。写真を背景に出来る。落書きのペンやシールは結構種類が多い。

【悪い所】
とにかくゲーム性が無い。他のファッションゲーだとファッション店で働いたり経営したりで貯まったお金で服を購入し着せ替えするタイプが主流。
これは全部服が揃ってて人形に着替えさせて落書きして終わり。

そして自由度が結構低い。髪の色は変えれない。ポーズも服によって変わる。拡大縮小も大中小の3つだけ。回転も45度ずつしか出来ない。
「選べるアイテムは600種類以上!」と公式のホームページには書いてあるが5つのジャンルで600種類。例えばアンティークの人形を選ぶとプリンセスの冠や服は選べない。

【まとめ】
ゲーム要素どころか中身がほぼ無い。そのくせ自由度が低い。この2つに尽きる。
女の子向けのゲームだが女の子でもすぐ飽きる。こんなのを買うなら3DSに内蔵されてるMiiの方が自由度も高いし楽しめる。

【その他】
ホームページには「作ったドールはいくつも並べたり拡大、縮小や回転、さらに移動することも出来るようになりました」と書かれている。
新要素らしいが入ってて当然レベルの機能だと思う。