2013年 次点

4980円。1985年に発売されたファミコンソフト『忍者じゃじゃ丸くん』のシリーズ最新作で、前作より9年振りの通算11作目となるアクションゲーム。
発売元のジャレコの撤退に伴い、HFシリーズで(当スレ的に)お馴染みのハムスターよりリリースされた、2008年に発売中止となったDSソフトのソース流用作品。

  • 3D表示の場面が極端に少なくイベントシーンは全て2D、アクションパートの3Dも奥行きが殆ど無く必要性皆無な上、単色のCGすら荒れて見える低画質。
  • 操作性が物凄くもっさりしている上にジャンプのタイミングがシビアだったり、水中では独特な操作法などのせいで理不尽な苦戦を強いられる。
  • 単体で見れば充分酷いが、先の話題作と比べるとゲームとして成立している時点で遥かにマシなレベルであり、選評者自身も及ばないと判断したため選外に。

概要    

名称忍者じゃじゃ丸くん さくら姫と火竜のひみつhttp://www.amazon.co.jp/dp/B00B99E368/[外部リンク]
ジャンルアクション
対応機種ニンテンドー3DS
発売元ハムスター
開発元ジャレコ
発売日2013年06月20日
価格4,980円(税込)
対象年齢CERO:A(全年齢対象)