2009年 次点

概要    

名称Jリーグプロサッカークラブをつくろう6 Pride of J
ジャンルスポーツ育成シミュレーション
対応機種PSP
発売・企画元セガ
発売日2009年11月12日
価格UMD版:6,090円(税込)ダウンロード版:5,400円(税込)
対象年齢CERO:A(全年齢対象)

公式サイト[外部リンク]

バグが多く、本体によってフリーズするなど、ゲーム進行に支障をきたしている。
※2010年3月9日のアップデートパッチによりほとんどのバグが修正された。

要点    

選評    

選評案その1    

 Jリーグがクライマックスを迎える11月、あの人気ゲーム、サカつく
(Jリーグ プロサッカークラブをつくろう!)が2年ぶりのナンバリングタイトルとして
元日本代表監督のオシム氏をイメージキャラクターに、PSPで発売された。
 クリエイティブオフィサーとして龍が如くシリーズで有名な名越稔洋氏が指揮をとり、ファンからは
否が応でも期待の高まる作品であった。そしてその期待にセガは、

「第2グラウンドや第3グラウンドを取り壊した後、存在しないはずなのに
 上空写真からその存在が確認でき、芝生が設置できる」
「地下サッカーグラウンドを取り壊した後、秘書から地下サッカーグラウンドを使った
 居残り練習をしている選手の報告が入る」
「サポーターボイスのタイトルが乙女の悩みだが、シルエットは何故か外国人のオッサン」
「覚醒練習をしたら、選手の能力を削られた」
「あるGKと0点に抑えたらボーナスを出す契約をして、別のGKが0点に抑えたら、
 何故か前者のGKにボーナスが支払われていた」
「10年間レギュラー張り続けたGKが見事新人王を受賞」
「試合もなく、練習もさせず休養していた選手が負傷」
「年末のサポーターとの質疑応答で、自クラブにいるはずもない、世界でも有名な強豪クラブに
 所属しているその年の世界MVP選手を、何故か自チームがクビにしたとして評価を下げられる」
「スタジアムを建てて駅を作ったら、何故か駅が消えていた」
「シーズン終了時に残留決定したはずなのに『この結果により、降格が決まってしまいました』
 と言われ、めちゃくちゃ周りの人に怒られる。だが次の年、降格せずに元のリーグに参加している 」
「12月に代替(交換)トレードした選手と契約更改し,失敗させるとワールド内に同一選手が増える」
「契約延長で選手の言いなりになって年俸アップしたのに、年俸不満で出て行った」
「味方のゴールに敵のGKが走り込んできた」
「相手チームのフリーキックを自チームのFWがキャッチ」
「クラブレコード年表を見たら、自チームがが前人未到の2年連続J1昇格達成」
「GKをレンタル移籍で送り出したら、1週間で世界屈指のGKに」
http://imepita.jp/20091216/658230[外部リンク]
http://imepita.jp/20091216/659770[外部リンク]
「鹿島アントラーズの小笠原の顔が、ゴン中山や謎の黒人に」
http://mup.vip2ch.com/up/vipper11391.jpg[外部リンク]
http://mup.vip2ch.com/up/vipper11392.jpg[外部リンク]
等、ある意味ホラー要素も組み込まれた、バグや、
「移籍交渉時に放出したはずの選手が、何故か出て行かない、自由契約にもできない」
「レンタル獲得した選手が、期限を過ぎても居座る、若しくは
 次の年も前年と同じ年齢で所属クラブに戻っている(毎年レンタルすれば、ずっと歳をとらない)」
等、選手の獲得枠も空けさせず、選手は出ていきたくないんだ!とセガが代弁してくれるかのようなバグ、
「自チームの選手がゴールを決めて喜んでいたら、突如フリーズしPSPの電源が落ちる」
「何十年もかけて世界の強豪に育て上げたクラブでも、強制的代表招集で人数不足になり即ゲームオーバー」
といった、正に時間を無駄にし、プレイヤーのやる気を削いでいくバグなど、
プレイヤー達を阿鼻叫喚させるバグの宝庫を用意してそれに応えた。

また、ダミー選手(恐らくテスト時に使った擬似選手データ)も多数おり、
0歳や1歳で登場し、3歳で能力が衰えるという超が付くほどの早熟っぷりである。
スレ住人にも、
「秘書が『外人に凄いのがいる』ってんでそいつ獲ったらダミー。能力 年齢0。
 偽物?ってことで四回同じ奴獲ったが全部ダミー…。」
という嫌がらせをしてくれた。
 実在選手にもダミーが含まれており、選手紹介の文末に、「ダミー」と唐突に表示される。
http://imepita.jp/20091204/399660[外部リンク]

 これら数多のバグにより、公式サイトのプロデューサーブログのコメント欄に相次ぐバグの報告。
ここでセガのとった対応は、プロデューサーブログの更新停止であった。
11月25日を最後に、ブログは更新されていない・・・。
 12月24日、数多のバグを我慢してプレイしてくれたプレイヤー達に、
素晴らしいクリスマスプレゼントを用意した。

              27歳 ストイコビッチ DL価格500円

なんと実際なら数億円の有名選手を、600円のゲームアーカイブスより安く提供してくれたのである。
 これら、デバッグはプレイヤーの仕事と思わせるようなバグの宝庫、そしてバグ報告されていくブログを
更新停止したプロデューサー、バグは直さず、偽名だった選手を実名にしただけの選手データを
1人500円で販売して金儲けというセガの姿勢には、今年の不況を脱する為の他企業へのヒントすらも見出せる
のではと感心すらしてしまう。
 今作で使われているサブタイトル、「Pride of J」は、年俸480万円の選手が、契約更新で
いきなり年俸数億を要求してきて感じ取ることができたが、「Pride of SEGA」は感じることができなかった。
 最後に、ゲーム内で登場するサッカー誌で、外国人助っ人を紹介する「今週のすけっと」で紹介された
「日本」国籍の宮沢選手のインタビューで選評を終えたい。

こんにちは、大分トリニータの
宮沢 正史です。
僕は日本出身だけど
自身の能力を伸ばすために日本のリーグを選んだんだ。
日本で力をつけて、やがては母国の代表として
プレーできたらいいな、と思っているよ。

日本の生活にはまだ戸惑うところはあるね。
日本人は真面目で勤勉な国民だから、僕みたい
な突飛な発想をもった人間は受け入れられにくい
のかな、なんて思ったりもするよ。
http://beebee2see.appspot.com/i/agpiZWViZWUyc2VlchQLEgxJbWFnZUFuZFRleHQYyusWDA.jpg[外部リンク]