2008年 次点    

名称梅沢由香里のやさしい囲碁http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000W6J5F8/[外部リンク]
ジャンル囲碁
対応機種ニンテンドーDS
メーカー毎日コミュニケーションズ
発売日2008年1月31日
価格5,040円(税込)
対象年齢CERO:A(全年齢対象)

要点    

CPUの長考・対人戦の仕様・問題集でフリーズなどさまざまな問題点がある。
なお10月発売のPSP版ではバグや思考時間は改善された。相変わらず対人戦は1台を交互に使うことになるが。

決定稿(総評より抜粋)    

2008年の携帯機クソゲーオブザイヤーは、ゲーム市場の主流が携帯機へ移行したことを
強く印象づけるような、勢いのあるスタートを切った。

尖兵をつとめたのは1/31発売『梅沢由香里のやさしい囲碁』(毎日コミュニケーションズ)である。
「やさしさ」を微塵も感じさせない、CPU戦の99:59秒(カウンターストップ)以上の長考。
対人戦はダウンロードはおろかワイヤレス対戦すら実装しておらず、
1つの本体を交互に使って対戦するしかない。
問題集を解こうとすれば開発者への指示と思われる文章が出てフリーズする。
梅沢先生の色っぽい声だけが救いであったが、
多くのプレイヤーは囲碁をすること自体が手詰まりとなり、ゲームごと投了した。

選評    

2008年の初手を勤めた携帯機クソゲーは「梅沢由香里のやさしい囲碁」。
タイトルこそ「やさしい囲碁」であったが、そのソフトにはやさしさなど微塵も詰まっていなかった。
CPU戦では99:59(カウンターストップ)以上のこの時代では有り得ない長考をされ、
対人戦を始めようと思えば「一つの本体を交互に使って対戦できます」と言われ、
仕方なく問題集を解こうとすれば開発者への指示と思われる文章が出てフリーズする始末。
せめてもの救いはナイスポイントに石を打ち込むと梅沢先生(34)が「やん」と色っぽい声をあげることだけであろうか。
あまりにも凄まじい出来栄えに、多くのプレイヤーがゲームごと投了した。

リンク    

公式サイト[外部リンク]